先輩からのメッセージ

調剤薬局で働いていた時とは
違いがある。
戸惑いながらも
その違いを楽しんでいる。

薬剤師 齋藤麻衣子2017年入職

青森大学薬学部卒。そもそもは薬剤師として働くつもりはなく、資格保有者として県庁で働く予定をしていたが、大学卒業後に予備校へ通いながら調剤薬局で勤務。その後、結婚・出産を経て当院へ入職。現在に至る。

正職員で働けて子育てサポートがあるから選んだ

現在に至るまでの私のプロフィールを話すと、多くの人は「変わっているね」という感想を持ちます。薬剤師の国家資格試験合格を目指して予備校へ通っている間に調剤薬局で働き始め、その間に資格を取得したのですが、結婚することになり、いったん退職。1年間の専業主婦生活を送り、社会復帰するにあたって「正職員として働けること」「子育てサポート体制があること」を条件に仕事を探していて、出会ったのが当院でした。振り返ってみると、確かに人から見れば思いつきで行動しているようにも見えますが(笑)、私としてはその都度最善の選択をしてきた結果だと思っています。

カルテを見られるのが一番大きな違いと感じる

薬剤課のメンバーは現在7名で、正職員の薬剤師は私と薬局長の2名、それにパートで働く薬剤師の方が3名と、事務方の正職員の方が2名という構成になっています。私は病棟業務が中心になっており、その日の入退院の確認から始まって、入院患者の方には持参薬の鑑別と処方せんの確認、その日の夜までのお薬の準備、退院する患者さんがいれば退院後のお薬の準備と投薬指導といった流れで対応しています。調剤薬局で働いていた頃との一番大きな違いと感じているのは、患者さんのカルテを確認できること。調剤薬局勤務の頃も患者さんに寄り添うように接していたつもりでしたが、カルテが見られることで物理的な距離もより一層近づいたように感じています。

調剤薬局との違いに戸惑うことがまだ多い

他にも調剤薬局で働いていた時とは違いがいろいろとあって、まだまだ戸惑うことが多い毎日です。カルテが見られて患者さんや疾患に近いところで調剤ができているという実感はありますが、一方で調剤薬局の時は「患者さんにとって飲みやすい方で」という基準でたとえばジェネリックを選択したり、ということがありましたが、病院の薬局ではどちらかというとドクターから指示された処方せんに対して間違いのないように対応することに重きが置かれているように感じています。それはやはり病院という場所が、患者さんが入院して治療を受けている状態であり、ドクターの方が経過をしっかりと見て判断できるようにするために必要不可欠なことになるのだろう、と理解しています。

「働いている人がいい」ことが入職の決め手

私が当院への入職を決めた理由は、前述の通り「正職員で働ける」「子育てサポートがある」ということもありますが、最大の理由は「働いている人がいい」と感じたことでした。面接を受けた際の職員の方々の対応がとても丁寧だったし、さりげなく見たドクターと看護師の会話の優しい雰囲気にも好感を持てました。入職してから感じたのは、仕事に対して熱心な人が多いし、一方で看護師の方には小さなお子さんがいらっしゃる方も多いので、子育てに対しての理解が深いというのも「働いている人がいい」と感じる要因だと思っています。これから当院で働く方には、「人」という点での不安は一切ありません、と強調してお伝えしておきたいと思います。

交通アクセス

〒350-1167
埼玉県川越市大袋新田977-9

西武新宿線
南大塚駅より徒歩10分

お電話でのお問い合わせ

049-244-6340

採用担当まで

ページのトップへ