先輩からのメッセージ

「一緒に働いている
同じ仲間だから」という、
尊重されている実感があるから、
働きやすい。

看護助手 新井 美月2015年入職

高校時代に進路を「就職」と選択し、福祉関連の仕事に就こうと病院や老人福祉施設などを複数回る中、武蔵野総合病院と出会う。看護師になろうという気持ちはなかったが、雰囲気の良さに好感を持って、当院へ看護助手として入職することに決めた。

コミュニケーションが積極的な雰囲気がよかった。

決して「看護師になりたい!」という強い想いがあった、というわけではないんです。高校卒業を前にして、進路として就職を選択した時、漠然とですが「福祉関係の仕事に就きたい」という気持ちはありました。だから就活では老人福祉施設なども含めて、いくつか見学させてもらいました。その中の一つが武蔵野総合病院だった、という感じです。
他と比べて「ここがいい」と感じられた理由は、雰囲気がよかったから。看護師や看護助手の方々が互いに声をかけあって、「この患者さんはこんな人だから」とコミュニケーションを積極的に取っている雰囲気にすごく好感が持てたのが、印象に残っています。

看護助手として働く中で少しずつ感じていること。

現在は看護助手として、働かせてもらっています。患者さんのおむつの交換やトイレの介助、体を動かせない方の体位の変換、麻痺のある方が手の届かないところにあるものを取ってあげたり、とまさに「看護助手」という名に相応しいような仕事の数々をこなしているところです。夜勤もありますが、お休みはちゃんと取らせてもらっています。
「看護師になりたい?」とよく聞かれますが、就職した時には全くそういう気持ちがなかったので、少し戸惑いを感じます。看護師の方はみなさん、毎日忙しくされていますが、そのキラキラした表情を見ていると「なってもいいかな」と思うようにはなってきました。

「あなたのおかげで退院できた」と感謝されて嬉しい。

現在は4階の脳神経外科病棟で勤務していますが、入院されている患者さんは年輩の方が多いです。寝たきりの方とコミュニケーションが取れる方は、半々くらい。お孫さんのこととかを楽しそうに話してくださる方もいて、いいご家族なんだなあ、とほのぼのします。
ある患者さんで、リハビリが「億劫だ」と漏らす方がいらっしゃいました。でもその方が退院されることになり、お見送りをする際に「あなたたちに『がんばっていきましょう』と言われるからがんばったおかげで、退院することができました」と感謝の言葉をいただけた時は、この仕事をやっていてよかったなあ、と感じられましたね。

雰囲気がいいから、前向きな気持ちで働ける。

当院は、看護師と看護助手との距離が近いのがいい、と思っています。「看護師だから」とか「看護助手だから」という雰囲気が一切なく、「一緒に働いている同じ仲間だから」という意識を持った方が多いので、自分のことも尊重してもらえている実感があります。
そんな働きやすい環境のもとで仕事に臨めているので、自分をもっと成長させていきたい、という前向きな気持ちを持ちながら働けています。これからはもっと患者さんに近づけるように、一人ひとりの患者さんを意識した接し方を心がけていきたい、と思っています。

交通アクセス

〒350-1167
埼玉県川越市大袋新田977-9

西武新宿線
南大塚駅より徒歩10分

お電話でのお問い合わせ

049-244-6340

採用担当まで

ページのトップへ